高血圧 対策 運動

運動で高血圧の対策ってできるの?
Line

運動で高血圧の対策ってできるの?


運動で高血圧の対策はできます。

運動すると、心拍数が上昇して反対に血圧が上がってしまう気がしますよね。

確かに、運動した後は血圧が上昇します。

けれど、それはあくまでも一時的なものです。

適度な運動を続ける事によって、高血圧の原因にもなっている肥満の解消に繋がります。

また、筋肉の量も増えますので、それに伴って酸素や栄養素を運ぶ為に血管も広がり、血圧の上昇を抑えてくれるのです。

他にも、生活習慣が改善されるようになりますから、高血圧だけではなく、脂質異常症や糖尿病といった対策にもなるでしょう。

Line

高血圧の対策にいい運動ってどんな運動?


高血圧の対策にいい運動ってどんな運動かと言うと、ウォーキングや水泳といった有酸素運動です。

運動には、有酸素運動と無酸素運動の2種類があり、有酸素運動とは、酸素を十分に取り込みながら行う運動の事。

ちなみに、無酸素運動とは筋トレのように、力を振り絞った運動の事で、懸垂や腕立て伏せなどが該当します。

運動と聞くと、なんとなくハードな動きをイメージしてしまいますが、高血圧の方が無酸素運動を行うと、一時的に血圧が上昇し過ぎて危険ですので、十分に注意してください。

ゆっくりとした動作をする有酸素運動でしたら、高血圧の方でも無理なく行えますし、手軽ですので長く続ける事ができますね。

サイクリングも有酸素運動ですので、電車や車で通勤されている方は、お天気の日だけでも自転車通勤にしてみては如何でしょうか?

Line

どれくら運動したら高血圧の対策になる?


どれくら運動したら高血圧の対策になるかと言うと、できれば毎日継続して運動する事をおすすめします。

ただ、毎日ウォーキングや水泳をする時間なんてない、といった方もいらっしゃると思います。

そのような場合は、2日に1回、1週間に3回程度の運動でも高血圧対策の効果は期待できますので、安心してください。

重要なのは、継続して続ける事です。

高血圧対策になるからと、2、3時間集中して有酸素運動をしても、それですぐに血圧が下がる訳ではありません。

運動の効果が実感できるようになるまでには、時間もかなりかかります。

その為、最初は30分以上の運動を、3ヶ月継続する事を目標としてください。

また、無理をするのも禁物です。

特に、リスクの高い高血圧の場合、運動している途中で心臓発作や脳卒中を発症してしまう危険があります。

運動の最中でフラフラしたり、いつもと体調が違うな、と感じたりしたら、すぐに運動を中止してくださいね。

心配な方は、高血圧対策として運動を始める前に、医師のアドバイスを受ける事をおすすめします。



当サイトの人気記事

Line