高血圧 対策 アルコール

高血圧の対策にアルコールって関係ある?
Line

高血圧の対策にアルコールって関係ある?


高血圧の対策に、アルコールは関係あります。

一般的に、日常的に大量のアルコールを摂取する事で、血圧が上昇する事が判っています。

また、中性脂肪が増加し、動脈硬化が進行する、とも言われています。

つまり、アルコールを飲む量が多くなれば多くなる程、高血圧になるリスクも高くなる、と言う事ですね。

ただ、少量のアルコールの場合、リラックスして血管が拡張し、血圧が下がる事も事実です。

アルコールを摂取する事で、ストレスもある程度解消されますので、血圧の上昇を抑えてくれますね。

このように、量の多いアルコールの摂取は、高血圧対策に問題となりますが、反対に少量のアルコール摂取であれば、高血圧対策に有利に働く事もあるのです。

高血圧対策とアルコールの関係は、そんなに単純なものではありません。

高血圧だからアルコールは全くダメ、といった事はありませんので、安心してくださいね。

Line

高血圧の対策をしたいならアルコールは止めた方がいい?


高血圧の対策をしたいなら、アルコールは止めた方がいいとは限りません。

確かに、日常的なアルコール摂取を止めたら数ヶ月で血圧が安定した、といった例もあります。

けれど、アルコールが好きな方にとって、アルコールを止める事は苦痛でしょう。

ストレスが血圧を上昇させる事は判っていますので、アルコールを止めた事でストレスがかかり、逆に血圧が上昇してしまう可能性もあります。

今までアルコールでストレスを解消していた方にとって、ストレス解消の方法がなくなる、と言う事は、かなり問題です。

高血圧対策だからといって、全くアルコールを止める必要はありません。

適度な量であれば、問題ないのです。

具体的な量としては、ビールなら、大瓶で1本程度、日本酒なら1号程度が適量とされています。

つまり、これ以上アルコールを飲んでしまうと、血圧が上昇するリスクが高くなる訳ですね。

ただ、多量のアルコールによって血圧が上昇していると感じている方の場合は、医師と相談してアルコールの量を決めるようにしましょう。

Line

どんなアルコールのおつまみなら高血圧の対策になる?


どんなアルコールのおつまみなら高血圧の対策になるかと言うと、魚やきのこ、そして大豆製品のおつまみです。

具体的には、お刺身や焼き魚、きのこのソテーや枝豆、冷奴などです。

反対に、アルコールによく合う鶏の唐揚げやフライドポテトといった、脂っこいおつまみは、高血圧の原因になります。

また、味の濃い、塩分の多いおつまみも、避けるようにしてくださいね。

アルコールの飲み始めは、野菜がたっぷりのサラダなどを食べるようにしましょう。

食物繊維の働きで満腹感を得る事ができるので、アルコールの飲み過ぎや脂っこいおつまみの食べ過ぎを防いでくれますよ。



当サイトの人気記事

Line