高血圧 対策 食べ物

高血圧の対策にいい食べ物ってある?
Line

高血圧の対策にいい食べ物ってある?


高血圧の対策にいい食べ物は、あります。

最も効果的なのは、やはり魚類でしょう。

特に、青魚に多く含まれているDHAやEPAは、血圧を下げる効果が高いとされています。

また、魚全般はタウリンを多く含んでいますので、これも高血圧の予防に繋がります。

積極的に、魚中心の食生活になるよう心掛けてください。

スイカやメロン、きゅうりといった食べ物も、高血圧対策にいい食べ物です。

塩分が、高血圧に悪影響だと言う事はご存知だと思います。

スイカやメロン、きゅうりには利尿作用があり、体内の余分な塩分を水分と一緒に体外に排出してくれます。

納豆も、高血圧対策におすすめの食べ物です。

納豆に含まれているナットウキナーゼは、血管内の血栓を溶かしてくれる働きがあります。

つまり、高血圧の原因が血管の詰まりによるものである場合、ナットウキナーゼの働きによって血液をサラサラにし、血圧を下げてくれるのです。

このように、高血圧の対策に効果的な食べ物はたくさんありますので、まずは食生活から見直してみてくださいね。

Line

りんごが高血圧の対策にいい食べ物ってホント?


りんごが高血圧の対策にいい食べ物だと言うのは、ホントです。

りんごは確かに健康には良さそうな食べ物ですが、高血圧対策の食べ物、といったイメージはないかもしれませんね。

けれど、実はりんごは、高血圧対策に、とても効果的な食べ物だったんです。

まず、りんごに多く含まれているカリウム。

このカリウムは、身体の中にある余分なナトリウムを体外に排出させ、血圧を下げる働きがあります。

もちろん、カリウムを多く含んでいる食べ物は他にもありますが、カリウムは水溶性のミネラルで、水に溶けやすい性質があります。

その為、調理段階で大事なカリウムの大半が流れてしまう事もあるのです。

その点、りんごは調理せずそのまま食べる事ができますので、カリウムを効率よく摂取する事ができ、高血圧対策になるのです。

また、りんごにはペクチンも含まれており、このペクチンもナトリウムを体外へ排泄する働きがあります。

「りんごが赤くなると医者が青くなる」なんてことわざもあるくらいですので、高血圧対策だけではなく、毎日の健康の為にも、りんごを毎日食べるようにしましょう。

Line

高血圧の対策に良くない食べ物ってどんなの?


高血圧の対策に良くない食べ物には、次のようなものがあります。

・塩分を多く含むもの
・動物性脂肪を多く含むもの
・麺類

まず、当然ですが塩分を多く含むものです。

塩分を摂り過ぎてしまうと、血管を硬くし、血圧が上昇してしまいます。

また、血管内の水分が多くなる事で心臓に負担が掛かり、これもまた高血圧の原因となります。

スナック菓子やインスタント食品、コンビニ弁当など、塩分の多い食べ物は、本当にたくさんあります。

高血圧が気になっている方の場合、塩分の量には注意するようにしましょう。

動物性脂肪も、血圧を上昇させます。

肉類に多く含まれている動物性脂肪は、血液をドロドロにし、血管を詰まりやすい状態にしてしまいます。

ファーストフードに使われているような肉には、特に注意するようにしてください。

こってりしている麺類も要注意です。

特に、ラーメンの汁は塩分と脂が大量に含まれていますので、血圧が気になるのでしたら、必ず残すようにしてください。

うどんや素麺などは、サッパリしているので大丈夫だと思っても、安心しないでください。

塩分量が多く、また炭水化物でもありますので、肥満の原因にもなります。

麺類には注意が必要ですね。



当サイトの人気記事

Line