高血圧 対策 ツボ

高血圧の対策に効果的なツボってある?
Line

高血圧の対策に効果的なツボってある?


高血圧の対策に効果的なツボは、あります。

高血圧対策と言うと、食事や運動をイメージするかもしれませんね。

けれど、ツボを刺激する事で、東洋医学で言うところの「気」と「血」の流れを落ち着かせ、血圧を下げる効果がある、とされています。

血圧を下げるツボは体の至るところに存在していますが、有名なツボとしては、耳の裏側の上の部分にあるくぼみの「降圧帯(こうあつたい)」があります。

耳の上の部分を親指と人差し指ではさんで、降圧帯部分を人差し指のお腹の部分で上下に優しくこすって刺激します。

その際、両耳のツボを同時に刺激すると、より効果的です。

他にも、手のツボである「合谷(こうごく)」や「十宣(じっせん)」、足のツボである「足三里(あしさんり)」なども、高血圧に効果的だと言われているツボです。

他にもいろいろありますが、「降圧帯」は特に血圧を下げる効果が高いツボだとされていますので、降圧帯だけでも毎日刺激するようにしてみてください。

Line

高血圧対策のツボの刺激に即効性ってあるの?


高血圧対策のツボの刺激に即効性があるかと言うと、やらないよりはやった方がいい、と言う程度でしょう。

血圧が高い、低いは、血液の流れにも深く関係しています。

その為、ツボを刺激して血液の流れをスムーズにする事で、血圧を正常化させる効果が期待できます。

ただ、これはあくまでも一時的なものです。

根本的に、高血圧対策をするのでしたら、やはり食生活や運動による生活習慣を変える必要があります。

それと同時に、毎日ツボを刺激する事で、日常的に血の流れが良くなり、血圧を下げる事ができるのです。

また、病院などで血圧を測る際に、緊張して普段よりも血圧が高くなる事があります。

このよう時にも、高血圧対策に効果があるとされているツボを刺激する事で、リラックスできて普段通りの血圧を測る事ができるでしょう。

Line

高血圧対策にツボを刺激するなら時間はどれくらい?


高血圧対策にツボを刺激するなら時間はどれくらいかと言うと、ひと押しで3〜5秒程度の時間を掛けるようにしてください。

刺激する強さはあくまでも優しく。

強い力で刺激しても、効果は高くなりませんので、注意するようにしてくださいね。

その際、ツボを押すときは息をはきながら、ツボから力をぬくときは息を吸いながら、行います。

左右対称にツボがある場合には、同じ時間を掛けて刺激するようにしてください。

すぐに力をぬくよりも、時間を掛けてゆっくりと力をぬいた方が、よりツボの刺激効果が期待できるとされています。

急がないで、ゆっくりとした動作で行いましょう。



当サイトの人気記事

Line