高血圧 対策 薬

高血圧を対策する為には薬しか方法はないの?
Line

高血圧を対策する為には薬しか方法はないの?


高血圧を対策する為には薬しか方法はないのと言うと、そうとは言い切れません。

確かに、すぐにでも命に関わる程、血圧が高くなっている場合には、降圧剤を飲むしかありません。

けれど、そこまで高くなく薬を飲むのも抵抗がある、といった場合には、薬以外の方法で血圧を下げる事もできます。

それが、食事療法や運動療法です。

特に、塩分が多い食事や脂っこい食事を食べて血圧が高くなっている場合には、しっかりとした食事療法を行う事で、血圧の改善がかなり期待できます。

また、普段から運動をしていない方でしたら、毎日適度な運動を続ける事で、正常な血圧に戻す事も可能です。

ですから、高血圧だからすぐに薬を服用しなければならない、と言った事はありませんので、あまり不安にならないようにしましょう。

健康診断などで血圧が高めだと指摘されたら、まずは医師の診断を受けると安心ですね。

Line

高血圧対策の薬って一生飲み続けるの?


高血圧対策の薬は、一生飲み続ける訳ではありません。

高血圧だと診断され、降圧剤を飲み続けていた方で、血圧が安定したから薬を飲まなくなった、といった方は多数いらっしゃいます。

けれど、それはあくまでも医師の診断によって、です。

血圧の薬を止めると、すぐにまた高血圧になってしまう事が多々あります。

その為、生活習慣がきちんと改善されていて、薬を止めても大丈夫だと医師が判断した時のみ、薬を止める事ができるのです。

自分の判断で、血圧が低くなったから薬を飲むのを止めた、といった勝手な判断で薬を中止する事はできません

高血圧は、そのまま脳卒中や脳梗塞といった、命に関わる病気に繋がります。

薬を中止する際には、細心の注意が必要なのです。

Line

高血圧対策の薬に副作用ってある?


高血圧対策の薬に副作用は、あります。

具体的には、動悸やめまい、頭痛、ほてり感、むくみ、便秘、発熱といったものです。

また、重症な副作用になると、手足の痺れや皮下出血を発症するケースもあります。

他にも、薬が効き過ぎる事によって、低血圧になってしまう危険もあります。

血圧の薬は、長期間飲み続ける可能性がありますので、その分副作用にも敏感になるでしょう。

個人の体質によって、薬の相性もあります。

高血圧の薬には何種類がありますので、高血圧の薬の副作用を感じたら、担当の医師とよく相談する事が大切ですね。

薬の組み合わせによっても、高血圧の薬の効果が変わってきますので、他の薬を飲む場合には注意してください。

高血圧の薬は、正しく服用する事で上手に血圧をコントロールできるようになります。

副作用の心配もありますが、高血圧を放っておく方が心配ですので、高血圧の薬を怖がらないようにしましょう。



当サイトの人気記事

Line