高血圧 対策 肥満

肥満を改善すると高血圧の対策になる?
Line

肥満を改善すると高血圧の対策になる?


肥満を改善すると、高血圧の対策になります。

まず、肥満の方の場合、中性脂肪も高い事が多く、血液がドロドロとした状態になっています。

そんなドロドロとした血液が細い血管の中を通るのですから、血管が圧迫され当然心臓へ大きな負担がかかります。

これが、高血圧の原因となるのです。

つまり、肥満の方で高血圧だと診断された場合、肥満を改善する事が、一番の高血圧対策となるでしょう。

また、肥満は肥満でも、特に危険なのが中年以降の男性に多い、内臓脂肪型の肥満です。

これは、女性に多い、皮膚の下に脂肪が付いているような、皮下脂肪型の肥満とは異なり、内臓の周りにベッタリと脂肪が付着しているような肥満の事です。

メタボな方はもちろんですが、体型的に痩せていても、実は内臓脂肪型の肥満であるケースもあります。

中年以降、急に体重が増えて血圧が高くなった場合には、内臓脂肪型の肥満を疑ってください。

Line

高血圧で肥満ならどんな病気の心配があるの?


高血圧で肥満ならどんな病気の心配があるかと言うと、まず動脈硬化です。

動脈硬化とは具体的に、血管がもろくなってしまう症状ですね。

肥満の方の血液は、脂質が多い為にドロドロ状態になっています。

ドロドロとした流れにくい血液が血管内を通るのですから、どうしても血管に負担がかかるようになるのです。

すると、血管が傷ついてしまったり、もろくなってしまったりして、動脈硬化へと繋がります。

動脈硬化が進行すると、ちょっとした刺激で血管が破れてしまうようになります。

心臓の血管が破れてしまえば心筋梗塞を、脳の血管が破れてしまえば脳卒中を、引き起こしてしまうのです。

このように、肥満は命に関わる重大な病気へと発展する危険性がありますので、覚えておきましょう。

Line

高血圧と肥満ならどっちを先に改善させた方がいい?


高血圧と肥満ならどっちを先に改善させた方がいいかと言うと、まずは肥満から改善させましょう。

それは、高血圧を改善させる為には、運動や食事療法といった長い時間が必要です。

また、難しい塩分コントロールも重要となります。

けれど肥満改善の場合、同じように運動や食事の改善は必要ですが、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

肥満が改善される事で、おのずと高血圧も改善されます。

まずは、肥満改善を目標にしましょう。

肥満を改善させるには、有酸素運動が基本です。

できる範囲で構いませんので、毎日続けるようにしてください。

また、ストレスが原因で肥満になっている事もあります。

ストレスからどうしても食べ過ぎてしまう、といった方は、運動する事によって気分転換になるでしょう。



当サイトの人気記事

Line